スポンサーリンク

【2021年最新版】髪を染める夢の夢占いでの意味は?ピンク・茶色・水色・金髪など色別の夢診断徹底解説

占い・スピリチュアル

髪を染める夢、ヘアカラーを変える夢を見て目が覚めたという経験をしたことがある方は多いのではないでしょうか?

髪を染める夢やヘアカラーを変える夢には夢診断や夢占いにおいて重要な意味があると考えられています。

しかも髪を染める色(ピンク・茶色・水色・金髪・赤・青・黒染めなど)によって吉夢から凶夢まで様々な夢占いにおける意味があると言われています。

今回は髪を染める夢の夢占いや夢診断における意味を2021年の最新の情報と共にその色別で徹底解説。

髪を染める夢やヘアカラーを変える夢を見たという方は是非この記事を参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

髪を染める夢・ヘアカラーを変える夢を見た

髪を染める夢やヘアカラーを変える夢を見たからといって、飛び起きたり目が覚めて恐怖心に襲われるようなことはないでしょう。

しかし髪を染める夢やヘアカラーを変える夢を見た時、それはあなたの深層心理が何かを訴えているサインであるという可能性が高いのです。

絶対に自分が選ばない髪色に染めていた….髪を染めたことなんてないのにヘアカラーを変える夢を見た…..そんな不思議な体験をしたことがある方もいるはずです。

髪を染める夢・ヘアカラーを変える夢を見たという時には何かあなた自身や身の回りの環境に変化あ起きているサインだと考えるのが自然でしょう。

髪を染める夢・ヘアカラーを変える夢の夢占いでの意味は?

それでは髪を染める夢・ヘアカラーを変える夢は夢占いや夢診断においてどのような意味を持つのでしょうか?

結論から言いますと髪を染める夢・ヘアカラーを変える夢の夢占いでの意味は染めた色(ピンク・茶色・水色・金髪・赤・青・黒染めなど)やその時の状況・心理によって大きく意味合いが変わってきます。

髪を染める夢の夢占いにおける意味には吉夢から凶夢まで幅広い意味があるのです。

ここからは色別に分けて髪を染める夢・ヘアカラーを変える夢の夢占いや夢診断における意味を解説していきます。

【色別】髪を染める夢の夢占い・夢診断での意味

あなたが髪を染める夢・ヘアカラーを変える夢を見た時、あなたは何色に髪色を染めましたでしょうか?また、その髪色に対してどのような印象を持ったのでしょうか?

気に入り、満足したのか。気に入らず、失敗したと感じたのか。

髪を染める夢・ヘアカラーを変える夢の夢占いや夢診断での意味を読み解く際にはそのような感情面での変化も非常に重要になりますので、夢の情景を思い浮かべながら解説を読んでみて下さいね。

髪を染める夢の夢占い「ピンクに髪を染める」

現実世界では若者のたしなみという印象が強い「ピンク色の髪」ですが、「髪をピンク色に染める夢を見た」という方は男性・女性問わず以外にも多いのです。

髪をピンク色に染める夢の夢占いでの意味としては欲求不満や性への意識の変化があげられるケースが多いです。

髪という部位は体の中でもご自身の化身と古来から考えられてきました。

また、ピンクは性欲や性的なことを表す色。髪を染める夢を見た時、あなたは恋愛や性的欲求が強まっているということはないですか?

あなた自身の深層心理が発する欲求のサインが夢占いに現れているのかもしれません。

髪を染める夢の夢占い「茶色・茶髪に髪を染める」

比較的一般的な髪色である「茶色・茶髪に髪を染める」という夢。

この場合、夢占いや夢診断ではどのような意味があるのでしょうか?

茶色や茶髪に髪を染める夢占いでの意味として真っ先に挙げられてるのは「ナルシズムと過去への栄光」です。

実は意外にも髪を茶色や茶髪に染める夢を見たという方は30代以下の方には少ないのです。

30歳以上のあなたが髪を茶色・茶髪に染める夢を見たという場合は「昔は良かった」「昔は私・俺もモテた」など、過去の若々しさがあった自分に未練を感じているというケースも多々あります。

一同自分と見つめ合ってみて下さい。

髪を染める夢の夢占い「水色・青色に髪を染める」

これまた奇抜な色である「水色・青色に髪を染める」という夢。

髪を水色や青色に染める夢を見たという場合、夢占いや夢診断では自己顕示欲の高まりを暗示しているというケースが多々あります。

髪を水色や青色に染める夢を見た場合、自己顕示欲の高まりが原因で何らかのトラブルに巻き込まれるという予知や暗示も含まれている場合がありますので比較的注意が必要な夢の1つです。

髪を水色や青色に染める夢を見たという場合は一度謙虚にご自身の状況を見つめ直す機会とするのも良いかもしれませんね。

髪を染める夢の夢占い「金髪・銀髪に髪を染める」

金髪や銀髪に髪を染める夢を見たという方もいるでしょう。

この場合、常日頃から金髪や銀髪に髪を染めている方にとってはここで紹介する夢占いや夢診断での意味は当てはまらない可能性があるのでご了承下さい。

金髪や銀髪に普段から染めておらず、染めたい欲求も内にも関わらず髪を金色や銀色に染める夢を見たという場合、あなたの金運を含む全体的な運気が上昇している可能性があります。

夢占いやスピリチュアルでは髪はあなた自身を表す鏡。金や銀に髪が光輝くことは良い運の立ち回りの暗示かもしれませんね。

髪を染める夢の夢占い「オレンジに髪を染める」

髪をオレンジ色に染める夢をみたというあなた。近頃日常生活や仕事で感情的になってしまったということは無いでしょうか?

髪をオレンジに染める夢占いや夢診断での意味としては、あなたの感情のコントロールが制御不能に近づいていることを表しています。

感情が上手くコントロールできず、爆発寸前のような状態にあなたの深層心理が危機感を察して夢占いを通じてSOSを送っているのです。

きっと何か深い悩みや問題を抱えているはずでので一度冷静に自分と見つめ合う時間を作るのが良いでしょう。

髪を染める夢の夢占い「黒に髪を染める・黒染めする」

髪を黒く染める夢、あるいは黒染めする夢を見たという時、夢占いや夢診断では「あなたの自分自身に対する変化の欲求」を表しています。

今の自分の見た目や付き合っている友達グループは本望では無い、あるいは交際している恋愛関係が望んだものではないなど。

髪を黒く染める夢、あるいは黒染めする夢を見たという時、夢占いや夢診断では「リセット願望」の表れだと考えられています。

一度自分に正直に生きてみてはいかがでしょうか?

他人の髪を染める夢を見た際の夢占いでの意味は?

髪を染める夢と言っても、自分の髪ではなく他人の髪を染める夢を見たという方も多いのではないでしょうか?

実は他人の髪を染める夢を見たという場合、夢占いや夢診断では特別な意味があるため解説します。

他人の髪を染める夢占いでの意味は性的魅力を感じている

あなたが他人の髪を染める夢を見たという場合、夢占いや夢診断では、その方に対して性的魅力を感じているという可能性を暗示しています。

それが友達・恋人・家族であろうと、髪を染めてあげている人に対して何か特別な意味や感情を持っているということはありませんか?

他人の髪を染める夢占いはあなたの深層心理の表れです。

髪を染める夢・ヘアカラーを変える夢の夢占いまとめ

この記事では髪を染める夢・ヘアカラーを変える夢の夢占いや夢診断での意味を色別に解説してまとめました。

髪は夢占いやスピリチュアルでは自分の分身とされる非常に重要な箇所。

髪を染める夢やヘアカラーを変える夢を見て何か違和感があったという際には、是非この記事を読んでご自身の状態と照らし合わせてみて下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました