スポンサーリンク

ネットワークビジネスに勧誘された方必見!ネットワークビジネスに関わった人間の末路や断り方など体験談を徹底解説

ライフスタイル

アムウェイ、ニュースキンジャパン、ノエビア等のネットワークビジネスに勧誘されたことがあるという方は少なくないのではないでしょうか?

最近ではTwitterやInstagramなどのSNSの普及により、若い世代でのネットワークビジネス勧誘が加速しています。

最近友達がSNSでお金持ち風の投稿をしていると思ったらネットワークビジネスに手を染めていたなんてことはもう珍しくありません。

今回はネットワークビジネスに勧誘された方に読んで欲しい、ネットワークビジネスに関わった人間の末路や断り方など体験談をご紹介します。

ネットワークビジネスに関わる前に、絶対読んで欲しい内容となっていますので必見ですよ。

スポンサーリンク

ネットワークビジネスに関わった人間の末路

まず初めに、どんなに親しい友人に勧誘されたからといって軽い気持ちでネットワークビジネスに関わるということは絶対に避けるべきです。

ネットワークビジネスを行う人はTwitterやInstagramで輝かしい生活やお金を持っていることをアピールして回りの人間が羨ましいと思うような毎日を過ごしているように見えますがあくまでそれはパフォーマンスです。

ここではネットワークビジネスに関わった人間の末路をいくつかの実話と共にご紹介します。

ネットワークビジネスの末路①お金が稼げない。

大学時代の友人に誘わてれてネットワークビジネスの世界に入った元銀行マンのKさん。

彼がネットワークビジネスに関わったことでたどりついた末路は悲惨なものです。

まずネットワークビジネスの勧誘で語られる最大のメリットは「お金が稼げる」という面ですが、これはごく少数の人間だということを忘れてはいけません。

基本的にネットワークビジネスはアムウェイ、ニュースキンジャパン、ノエビア等の悪質な営業や異常ともいえる同胞精神のイメージが強い為、まともに営業しても商品は売れません。

そういったことからネットワークビジネスはカモがカモを連れてきて身内内でお金を回し一部の上層部だけが稼げる仕組みとなっています。

学時代の友人に誘わてれてネットワークビジネスの世界に入った元銀行マンのKさんもネットワークビジネスで稼げた額は一般的なサラリーマン程度。

まともな仕事では無いので狂ったように営業しなければお金持ちにはなれません。それであれば一般企業でも同じことですので普通に働いた方が社会的に認められて良いですよね。

ネットワークビジネスの末路②人間関係が壊れる

ネットワークビジネスに関わった人間の末路として最も悲惨なのが「人間関係が壊れてしまう」というポイントです。

普通に考えてみて下さい。ネットワークビジネスをやっている人と関わりたい人間なんていますか?同じくネットワークビジネスをやっている人ぐらいですよね。

ネットワークビジネスをやっている人の末路は、これまで出会った数々の人たちに「気持ち悪い」「頭がおかしい」と陰口を叩かれて嫌われるというもの。

有名大学を卒業したSさんは大学時代の友人に誘われてネットワークビジネスに参入。大学時代の友人・高校時代の友人・バイト先の知人などに手当たり次第営業した結果、彼の友達と呼べる人間は同じくネットワークビジネスを行う人だけになりました。これまでの人生が無駄になったといっても過言では無いネットワークビジネスに関わった人間の末路です。

ネットワークビジネスの末路③転職できない

ネットワークビジネスに関わった人間の末路としてなかなか表に出ませんが、ネットワークビジネスを辞めたいと感じた時に、再び一般企業に転職するハードルはグンと高くなります。

まず、ネットワークビジネスで行う仕事はほとんどの場合勧誘や謎のセミナー参加ですので、一般的な社会人キャリアとして役に立つようなものは無いと言っても過言ではありません。

また、現在はほとんどの企業でリファレンスチェックを行っており、あなたが転職で面接に来ると過去にネットワークビジネスに関わっていたことが簡単にバレてしまいます。

ネットワークビジネスに関わっていた人間を採用したいと考える会社はネットワークビジネスの会社くらいですので、偏見を持たれてしまい転職活動が上手くいかないなんてことは珍しくありません。

ネットワークビジネスに関わった人間の末路としてあまり表に出ませんが、このような弊害もあるんです。

ネットワークビジネスに勧誘された時の断り方

親しい友人にネットワークビジネスに勧誘された時、気が強い方であればきちんと断ることができるでしょうが、気の弱い方であれば仲の良い方に勧誘されてしまうとなかなか断ることができません。

しかしネットワークビジネスの勧誘はしっかりと断らなければ前述したような「ネットワークビジネスに関わった人間の末路」をたどることになってしまいます。

ここでは効果的なネットワークビジネスに勧誘された時の断り方をいくつかご紹介していきます。

ネットワークビジネス勧誘の断り方①キモイって!

ネットワークビジネスに勧誘された時の断り方として基本的なものの1つに「キモイって!」「本当にキモ過ぎて引く」などと、率直な感想及びネットワークビジネスを行っている人のキモイ姿をキチンと伝えてあげることが大切です。

「ヤバいヤバい…キモ過ぎて寒気が止まらん!救急車呼んで!!」などと、涙を流しながらネットワークビジネスの勧誘を断るとほとんどの確率できっぱり縁を切ることができます。

ネットワークビジネス勧誘の断り方として王道の方法です。

ネットワークビジネス勧誘の断り方②お前の年収いくら?

ネットワークビジネスに勧誘された時の断り方として「お前の年収いくら?」と尋ねる方法はおススメです。

ネットワークビジネスをやっていて年収1,000万円を超えている人は実はほとんどいません。ネットワークビジネスの末路でもご紹介しましたが、ネットワークビジネスをやっている人は勧誘の為に良い生活を演じているだけで実際問題稼いでいる人はほとんどいません

「融資」という名目で借金をして良い風に見せているだけです。

ネットワークビジネスに勧誘された時には「お前の年収いくら?源泉徴収票もしくは収入証明見せてくれたら考えてやるよ」と一蹴してください。

低収入のネットワークビジネス信者は自分が情けなくてあなたへの勧誘は収まることでしょう。

ネットワークビジネス勧誘の断り方③勧誘者の親に電話

ネットワークビジネスに勧誘された時の断り方として、あまりにもしつこい勧誘を受けた場合は勧誘者の親に電話することも有効です。

最近ではFacebookなどで親や親族との繋がりを直ぐに見つけることができます。

「あなたのお子さんからネットワークビジネスの勧誘を受けて困っています」と親御さんに伝えれば、きっと勧誘者も懲りるでしょう。

また、今まで育ててくれた恩義のある親にネットワークビジネスなんかをやっている自分を見せられないという恥ずかしさもあり改心する可能性もあります。

ネットワークビジネスに勧誘された方必見

今回はネットワークビジネスに関わった人間の末路、ネットワークビジネス勧誘の断り方などネットワークビジネスに勧誘された方必見の内容をご紹介しました。

残念ながら事実としてネットワークビジネスをやっている人の中に、正常な神経を持っている人はごく少数です….。

あなたの知り合いがネットワークビジネスに関わってしまった場合、直ぐに距離を取るようにしましょう。ネットワークビジネスに関わった人間の末路は悲惨ですね…..

コメント

タイトルとURLをコピーしました