スポンサーリンク

【仕事に行きたくない人へ】あなたの心を軽くする処方箋。人間関係や仕事で鬱になる前に!

泣く男性の画像 ライフスタイル

この記事を読んでいるあなたは「今日仕事行きたくないなぁ」「仕事辞めたいなぁ」と思っていますよね。そう思っているのはあなただけではないですし、世の中のほとんどの人が1度は悩むテーマでもあるでしょう。そう思っているあなたに向けて、対処法という名の処方箋を処方します。

スポンサーリンク

仕事に行きたくない気持ちや辞めたい気持ちは甘え?

仕事に行きたくない気持ちや辞めたい気持ちは後ろめたい気持ちですから、これは自分の甘さだと言い聞かせて自分を奮い立たせている方も少なくないのでは?

中には仕事に行くのが憂鬱すぎて、心が圧し潰されそうになっている人もいるかもしれません。

そういった方にお伝えしたいのは、「仕事に行きたくない」「仕事辞めたい」という気持ちは決して悪くないということです。もっと言えばすごく人間的な感情であると思います。

なので弱さを見せる自分自身に厳しくしすぎないようにしてください。

仕事が辞められない理由は?

とはいえ「仕事に行きたくない」「仕事辞めたい」という理由で好き放題仕事を放棄できるほど世の中甘くないことは事実です。

今の仕事を辞めたいと思っていたとしても様々な理由で続けざるを得ない人がほとんどでしょう。

まずはあなたが「辞めたい」と思っているはずなのに「辞めれない」理由を見ていきましょう。

辞める勇気がない

これは上司や会社に対して辞めたいという意思表示ができないケースです。

辞めたいと思ってはいるけど、上司に引き留められたり、怒られたりしたらどうしようと考えてしまい、結局そのまま続けてしまう方も多いでしょう。

さらに職場が人手不足や繁忙期であればなおさら辞意なんて表に出せないですよね。

会社の状況などに気を遣ってしまい、結局自分が抱え込んでしまってませんか?

将来が不安

こちらも今の仕事を辞めれない理由で多くの方が共感できるでしょう。

今の仕事を辞めたとしても、結果的にさらに苦しむかもしれないと考えてしまいます。

経済的な面もそうですし、人間関係を一から築いたり、新しい仕事を覚えたり、、、

もしかしたら今以上に悩みが増えるかもしれませんよね。

そういったものを天秤にかけ、今のまま続けようという答えを出す方も多いのでは?

世間の目が気になる

こちらは仕事を辞めた後の世間の目を気にしてしまうパターンです。

家族や友人、職場の人から悪く言われるんじゃないか?」

仕事辞めたことで次の転職活動がうまくいかないんじゃないか?

などを考えてしまい、辞めたくても辞められない人多いですよね。

こちらでは代表的なケースを挙げてみましたが、

辞めたいのに辞められない理由は他にもたくさんあると思います。

仕事に行きたくない気持ちの軽減法

前項でもお伝えしましたが、仕事の行きたくなくても行かなきゃいけないし、

辞めたいのに辞めれない人の方が多いのが事実です。あなたもですよね?

そんなあなたのネガティブな気持ちを軽減するための方法をご紹介します!

仕事に行きたくない理由を明確にする

なぜ仕事に行きたくないと思うのでしょうか。そう思うのには原因があるはずです。にもかかわらず、「なんとなく仕事に行きたくない」と漠然に思っている人って意外と多いのです。

「どうすればいいのかわからない」「わからないまま時間だけが経過してしてしまう」というサイクルができてしまい、結局現状が何も変わらないという状態に陥ってしまうのです。

逆に言いますと、仕事の行きたくない理由を明確にすることができれば、それらを改善することで、あなたの気持ちが楽になる可能性もあるということです。

職場の人間関係なのか、仕事内容への不満なのか、直近のミスの影響なのか、人によって様々な問題があると思います。

それらを明確にすることによって、今の問題が解決できる!とまでは言えませんが、解決のために努力したり、解決への1歩を踏み出すことができるでしょう。

初心を思い出してみよう

どのような仕事であっても、入社してから毎日楽しく働けるとは限りません。入社当社は好きだった仕事も、時間の経過とともに色々な部分が見えてきて、結果「仕事に行きたくない」という気持ちを生み出していることもあります。

そういった時には一度初心に戻って、入社時を思い出すのも効果的です。

そもそも今の会社は自分が選択して入社した会社であり、この仕事を選んだ理由があると思います。

「仕事内容が楽しそう」「実力を評価してくれそう」「働いている人がかっこ良かった」などあると思います。

どんな仕事もなかなか思い通りには行かないものですが、入社時の気持ちを思い出せば、モチベーションが保てるかもしれません。

いつまでという期限を設けよう

今のあなたにはネガティブ思考が働いているため、仕事に行きたくないという気持ちがこの先一生続くように思ってしまいます。ですが、永遠に悩みが続くということはほとんどないのです。

昇格や人事異動、部下を持ったりなどあらゆる環境変化が起きます。もしかしたら部下が可愛くて部下育成などにやりがいを見つけたりするかもしれません。

そういったケースはいくらでもあるため、「会社辞めたい」「仕事に行きたくない」と思ったときには、あと1か月だけ、あと1年だけと自分の中で期限を決めてみてください

そうすることであなたが良い意味で開き直れるので、意外と心は軽くなります。

その期間中に仕事に新たなやりがいを見出していることもありますし、何も変わってなければその時に辞める決断をすればいいのです。

自分へのご褒美も効果的!

「帰宅後は大好きな映画を観る」「このタスクが完了したら高級レストランで食事をする」「週末は友達と旅行に行く」など、どんなこともでいいので頑張った自分にご褒美を用意してあげましょう。

ありきたりかもしれませんが、人間楽しみがあればちょっと辛いことでも乗り越えることができるのです。

自分へのご褒美はすぐに実行できますし、効果も大きいと思います。

小さなご褒美でもいいので設定してみてはいかがでしょうか?

お洒落の力を侮らないように

お洒落の力は侮れません。

新しい服や自分のお気に入りの服、メイク、アクセサリーを身に着けた時、あなたの気分は上がっていますよね?

女性ならいつもと違うメイクをしてみたり、男性なら新しいスーツで出社してみたり…。

気分が沈んでいるときには、ファッションの力を借りて気分転換してみては?

それが職場で褒められた時には、一気に出社へのモチベーションアップに繋がるかも。

汗を軽く流してリフレッシュしよう

科学的にも運動することはうつ予防やストレス解消に効果的だと言われています。

無理な運動をする必要はありません。ジョギングやヨガ、あなたの好きなスポーツでもいいのです。

一度身体を動かしてみてください。意外と気分がサッパリするのが分かりますよ!

運動を毎日続けている人の中には、ダイエットや大会などの目標を持っている人も多いと思いますが、運動を始めたら気持ちよくなって続けているという人も少なくありません。

今の気持ちを紙に書きだしてみよう

気持ちがスッキリする方法として、ペンで紙に今の感情をそのまま書き出すこともおすすめです。

「会社行きたくない」「仕事辞めたい」「○○さんが嫌い」など良いこと悪いこと思っていることもすべて紙に書いてみるのです。簡単ですよね。

脳にはワーキングメモリと呼ばれる一時的に記憶を保持しておく部分があります。このワーキングメモリが不安などでいっぱいになると、解決策が生まれにくく、思考の転換などが困難になるため、ネガティブ思考のループが出来上がってしまうのです。

今の感情を紙に書きだしていると、どこかでスッキリしている自分が見つかります。その分自分の気持ちの中に余裕が出来ているということです。

ネガティブな思考に偏りすぎて気付くことができなかったポジティブな自分や状況にハッと気づけるかもしれません。

休みもうまく活用しよう

どうしても会社に行きたくないときは、思い切って休んでみるのもいいでしょう。

もちろん社会的な信頼がありますし、周りに迷惑を掛けてしまうので、頻繁に休むことはしないようにしてくださいね。

会社行きたくないという気持ちは、体調を崩すかもしれないという身体からのサインの可能性もあります。

頑張りすぎる人ほど、自分に鞭を打ち、負荷をかけ続けて十分な休養をとりません。それが負の連鎖を生み出してしまっているのです。

仕事から離れることで精神的なリフレッシュにつながり、「さあ、明日からまた仕事頑張るか!」という意欲を創り出すことができます。

有給があるのであれば会社と相談の上、長期休暇を取得し、心のリフレッシュと自分と向き合う時間を作ってもいいでしょう!

【仕事に行きたくない人へ】あなたの心を軽くする処方箋まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事を読んで頂いたあなたに言いたいことは「仕事に行きたくない」と思っている人は決してあなただけではないということです。

多くの人が仕事というものに悩みを抱えながら働いているのです。

そう考えるともうちょっと頑張ってみようと少し意欲がでてくるかもしれません。

こちらで紹介した方法は意外と効果的ですのでぜひ試してください。

仕事を辞めるという決定は、それらを試してからでもいいかなと思っています。

ただ、無理はしないでくださいね。既に身体が悲鳴を上げているのであれば、早急に今の仕事から離れた方がいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました