スポンサーリンク

スギ薬局会長・杉浦広一の経歴wiki|妻や自宅は?ワクチン優先騒動で評判がやばいことに!

大量の薬の画像 エンタメ・トレンド

薬局大手「スギ薬局」の会長であり創設者である杉浦広一さん・昭子さん夫妻のワクチン接種を、愛知県西尾市の近藤芳英副市長が優先的に予約確保するように指示していたという騒動が話題になっています。

今回の騒動によってまたしても「上級国民」というワードが飛び交うことになりました。

そこでワクチン優先騒動を起こした上級国民・杉浦広一会長の経歴やプロフィール、評判などについて調べてみました。

スポンサーリンク

スギ薬局会長・杉浦広一の経歴wiki|妻・昭子氏との出会いは?

画像出典:テレビ東京

スギ薬局会長・杉浦広一のwiki風プロフィール

  • 名前:杉浦 広一(すぎうら ひろかず)
  • 生年月日:1950年7月22日
  • 年齢:70歳
  • 高校:愛知県立西尾高等学校
  • 大学:岐阜薬科大学薬学部製造薬学科
  • 出身地:愛知県西尾市
  • 職業:「スギホールディングス株式会社」代表取締役会長、薬剤師

日本でも有数の大富豪でもある杉浦広一会長ですが、今回のワクチン優先騒動であらぬ形で名前が広まってしまったかもしれません。

地元では実業家として名を馳せていたようですが、全国的な知名度でいうとそれほどだった印象です。

スギ薬局会長・杉浦広一の経歴|妻・昭子氏との出会い

それでは杉浦広一会長の経歴や学歴を簡単にまとめてみました!

1950年愛知県西尾市に生まれる
1968年愛知県立西尾高等学校卒業
1974年岐阜薬科大学薬学部製造薬学科卒業                
1976年大学の後輩である昭子氏と結婚
1976年愛知県西尾市に「スギ薬局」を創業
1982年「株式会社スギ薬局」を設立、代表取締役社長に就任
2008年「スギホールディングス株式会社」に社名変更、代表取締役社長に就任
2009年「スギホールディングス株式会社」の代表取締役会長に就任
2011年公営財団法人杉浦記念財団を設立、同財団の評議員会長に就任
2021年「スギホールディングス株式会社」の顧問に就任

杉浦氏は26歳の時に現在の妻・昭子氏と結婚されています。

お二人の出会いは大学だったようですね。

岐阜薬科大学薬学部製造薬学科の先輩と後輩にあたるようです。

お二人が結婚した同年には、現在のスギホールディングの前身である「スギ薬局」を愛知県西尾市下町神明下に創業されています。

大学卒業からわずか2年で創業されていますから、当時から実業家としてのセンスを持っていたことが伺えます。

また、株式会社スギ薬局設立後は杉浦広一氏が社長、妻の昭子氏が副社長という体制で長らく同会社を牽引されています。

経歴から見て取れるのは、杉浦氏の地元愛ではないでしょうか。

これまでの長い人生で、出身地である愛知県西尾市からほとんど離れることなく過ごされていることが分かりますね。

多大な地域貢献などもされていたようですので、そういったものが今回のワクチン騒動の裏にあったと言えそうです。

スギ薬局会長・杉浦広一の自宅(西尾市)が豪邸ですごい!

生まれてからほとんどの時間を愛知県西尾市で過ごしている杉浦広一氏の自宅は、当然現在も愛知県西尾市にあるようです。

画像出典:社長の家~日本の豪邸写真集

こちらが杉浦氏の自宅なんですが、広大な土地に数々の家屋が立ち並んでいますね。

もうどこからどこまでが敷地なのか分からないぐらいに広いですね。

周辺の家屋も立派なものが多いですから、この辺りは富裕層世帯が多いのかもしれませんが、その中でも一際目立っていると言ってもいいでしょう。

さすが一代で財を築いただけのことはありますね。

杉浦氏は日本でも有数の大富豪でもありますから、こちらの豪邸の他に別荘なども複数所有していてもおかしくないですね。

ご覧いただいたように杉浦氏は現在、誰しもが憧れるようなすごい豪邸に住んでいるようです。

スギ薬局会長・杉浦広一の資産は?

今回の騒動でまたも「上級国民」というワードが飛び交っていますが、杉浦広一氏の資産はどれくらいあるのでしょうか。

企業の会長や社長が話題になると、その人の資産が気になってしまうのは仕方ないことですよね。

そんな杉浦氏は日本の長者番付でトップ50の常連であるほどの億万長者です。

最新の2021年の日本長者番付では41位にランクインしており、総資産額は1523億円と言われています。

ソフトバンクの孫氏やユニクロの柳井氏らと比べると見劣りはするものの、物凄い額の資産を有していることは確かなようです。

しかも日本の長者番付において長年トップ50付近をキープされていますから、いかに安定した経営をされているかが分かりますね。

これだけの資産を有している訳ですから「上級国民」と言われても仕方ないかもしれません。

相当な税金を納めているでしょうし、その他でも市への貢献は多大でしょうから、近藤副市長がワクチンを優先的に確保するよう指示した意図は分からなくもないですね。

ただ今回のワクチン優先騒動はそんな単純なものではないでしょうけどね。

スギ薬局会長・杉浦広一のワクチン優先騒動に対する評判がヤバい

今回の騒動によって間違いなくスギ薬局に対する世間のイメージや評判は大きく下がってしまったと言えるでしょう。

実際にどのような評判となっているかを見てみましょう。

今回の騒動が大きくなってしまったことで「もうスギ薬局行かない」と思っている人も少なくないようです。

まさにスギ薬局の評判はガタ落ちと見て間違いなさそうですね。

その一方で秘書の行動や、市の対応に問題があったのではないかとの反応も多く見られます。

会長夫妻の指示なのか、秘書のゴマすりなのかで見かたは大きく変わってきますが、会長側は「ワクチン接種を希望していなかった」として秘書を騒動の犯人に仕立てあげているようです。

こんな大企業の一秘書がこのような大胆な行動できるのかは疑問ですけどね。

最終的に要請を飲んだ西尾市側もスギ薬局側があまりにも強引だったといって被害者面していますから、まさにドロドロな状態と言えそうですね。

今回の「ワクチン優先」の騒動において、このような罪の擦り付け合いが一番不快であるかもしれません。

スギ薬局会長の「ワクチン優先」騒動|結局誰が悪いの?

ここにきて新型コロナウィルスの猛威が増していること、電話が繋がらなくなるほどのワクチン予約が殺到している現状からすると、今回のスギ薬局の行動や西尾市の対応は世間から非難を浴びて当然でしょう。

いろいろな裏事情があったことが予測できますので、今回の騒動は思った以上に闇が深いかもしれませんね。

もしかしたら裏金や選挙絡みの可能性もなくはないと言えるかもしれません。

今回の騒動ではスギ薬局の秘書が悪いという風に仕立て上げられているようにも感じますが、実際はどうなんでしょうか。

結局一番立場の弱い者に責任を取らせようとしているという見方もできますね。

事情を知る者の告発が無い限り、今回の騒動はこのまま時間の経過とともに霧に消えていくのではないでしょうか。

引き続きこちらの騒動の経過は追っていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました