スポンサーリンク

【最新版】横浜市戸塚で脱走したアミメニシキヘビの現在は?飼い主のアパートの場所や過去の事故例まで!

アミメニシキヘビが脱走した場所の画像 エンタメ・トレンド

今月6日に横浜市戸塚区の飼い主のマンションから脱走したアミメニシキヘビが、現在もなお捕獲されていません。

警察による懸命な操作が続いていますが、近隣住民にとっては不安な日々が続いていることでしょう。

そこでこちらの記事では、アミメニシキヘビが脱走した横浜市戸塚区の飼い主のマンションの場所や、アミメニシキヘビによる過去の事故例と共に、この騒動の現在を最新版でお届けします。

スポンサーリンク

横浜市戸塚のアミメニシキヘビが脱走した飼い主のマンションはどこ?

横浜市戸塚区名瀬町のアパート2階に住む20歳代の男性会社員から6日夜、「飼っていたヘビがいなくなった」と戸塚署に通報があった。

~~中略~~

 同署幹部によると、男性は6日朝に仕事に出かけ、午後9時頃に帰宅した際、ガラス製のケースからヘビがいなくなっていることに気づいた。換気のため網戸にしていた窓から屋外に出たとみられる。

引用:読売新聞

今月6日に横浜市戸塚区名瀬町の飼い主のアパートから脱走した「アミメニシキヘビ」が現在もまだ見つかっていません。

今もなお近隣の住民は不安な思いを募らせているかもしれません。

それでは、今回ペットのアミメニシキヘビが脱走した横浜市戸塚区のアパートの場所を振り返って見ましょう。

報道では横浜市戸塚区名瀬町とされていますが、報道時の映像などからゴルフ場の南側にあるアパートであることが分かっているようです。

また、ナセグリーンゴルフ上の南側にある、洗車場の付近だという噂もあります。

しかしアミメニシキヘビが脱走してから数日経過してしまっていますので、大幅に移動しているケースも考えられるでしょう。

この付近の住民はもちろんですが、戸塚区一帯に住んでいる人も警戒した方がいいかもしえません。

横浜市戸塚で脱走したアミメニシキヘビの特徴や大きさは?

画像出典:朝日新聞

こちらが飼い主から提供された、今回戸塚のアパートから脱走したアミメニシキヘビの写真のようです。

こちらの写真では大きさが少し分かりづらいかもしれませんが、全長約3.5mで体重が約13㎏もあるそうです。

その大きさや色が目立っていますのですぐに見つかりそうな気がしますが、やはりそう簡単にはいかないようですね。

日本では見たことがないほど大きなヘビですので、恐怖は募る一方ではないでしょうか。

アミメニシキヘビってどんなヘビ?

オオアナコンダとともに、世界最長のヘビ。文献によっては最大全長990cmとされる。ただし体重は、全長が等しい場合オオアナコンダよりも軽い(軽いとはいえ100kgを超える個体も確認されている)。背面に網目状の斑紋が並ぶ。種小名reticulatusは「網目模様の」の意で、和名や英名と同義。

引用:ウィキペディア

今回脱走したアミメニシキヘビは全長約3.5mとされていますが、品種によってはアナコンダほどの大きさにまで成長するようです。

最大全長が990㎝とのことなので、逃亡中に成長して大きくなってしまったら堪ったものではありません。

専門家によると毒自体は持ってないようですが、獲物を身体で締め付けて窒息死させるのがこのヘビの特徴のようです。

踏んでしまったり刺激さえしなければ人に襲い掛かる可能性は少ないとされているようです。

アミメニシキヘビによる過去の事故例や死亡例は?

アミメニシキヘビは滅多に人間を襲うことは少ないと言うことを先ほどお伝えしました。

とは言うものの本当に襲ってこないのか心配になってしまいますよね。

そこで過去にアミメニシキヘビによる事故や死亡例について調べてみると、ここ日本でも死亡例があったようです。

遡ること2012年の話になりますが、ペットショップでアミメニシキヘビを飼育していた男性が檻から出たアミメニシキヘビに襲われて死亡してしまったようです。

そちらのアミメニシキヘビに関しては体調が7m近くあったとされ、死亡した男性には噛まれた跡や締め付けられた跡が確認されたようです。

そう考えると今回脱走したアミメニシキヘビの体長もさらに大きくなる可能性が高いですし、人間を襲う危険性も少なからずあるようですね。

アミメニシキヘビを脱走させた戸塚の飼い主は?

画像出典:テレビ朝日

今回横浜市戸塚区でペットとして飼っていたアミメニシキヘビを脱走させた飼い主はニュース番組にも取り上げられていました。

しかし名前や顔は一切公表されていません。

今回のアミメニシキヘビの脱走に関して「皆様に迷惑を掛けてしまって申し訳ない」と深く反省し、謝罪しているようですね。

一方でガラスのゲージではなく木のゲージを使っていたことや、檻の施錠が甘かったのではないかとの指摘も出ています。

事故が起こらずに無事に捕獲されるといいですね。

【最新版】横浜市戸塚でアミメニシキヘビが脱走|お子様やペットから目を離さないで!

ご覧いただいたようにアミメニシキヘビは刺激さえ与えなければ人間を襲うことは少ないようです。

しかし、ペットやお子様については注意が必要でしょう。

安易に刺激を与えかねないですし、私たちよりも体が小さいので襲われでもすると命の危険にさらされるでしょう。

外出中はお子様から目を離さないこと、外で飼っているペットを一時的に家の中に入れてあげるなどのことは徹底してやった方がいいかもしれません。

何事もなく無事に捕獲されることを願っています。

引き続きこちらのニュースには注目していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました