スポンサーリンク

岡庭由征(おかにわよしゆき)は整形確定!|顔画像や改名の疑惑、通り魔や動物虐待で逮捕された過去を徹底解剖

岡庭由征の顔画像 エンタメ・トレンド

2019年に起きた茨城県境町一家殺傷事件の犯人として岡庭由征という男が逮捕されました。

この岡庭由征という男が人々を震撼させるようなサイコパスなんです。

過去には通り魔や傷害事件、動物虐待など数々の逮捕歴があるようです。

また整形や改名の噂まで出回っていますので、その辺りも含めて岡庭由征を徹底解剖していきます。

スポンサーリンク

茨城県境町一家殺人事件の概要

画像出典:AERA dot.

茨城県境町の住宅で2019年9月、会社員小林光則さん=当時(48)=と妻のパート従業員美和さん=同(50)=が殺害され、子ども2人が重軽傷を負った事件で、県警は7日、夫妻に対する殺人の疑いで埼玉県三郷市鷹野4丁目の無職岡庭由征容疑者(26)=公記号偽造の罪などで起訴=を逮捕した。県警は認否を明らかにしていない。 県警によると、室内に物色された痕跡はなく、被害者家族にトラブルは浮上していない。岡庭容疑者と家族の接点はなかったとみられる。 逮捕容疑は、19年9月23日午前0時40分ごろ、小林さんの自宅で、夫妻それぞれの胸と首などを刃物で複数回刺し、失血死させた疑い。

引用:東京新聞

2019年9月に起きた一家殺傷事件の犯人がようやく逮捕されました。

証言などから犯人の服装や特徴がある程度判明していたものの、はっきりとした情報がなかったので、このまま未解決事件になるのではないかとの声も出てきていました。

捜査が難航していたようですので、近隣住民は毎日不安や恐怖を感じていたかもしれません。

実は岡庭由征容疑者は、昨年11月に別の容疑(迷惑防止条例違反、公記号偽造容疑など)で既に逮捕されており、その時に行われたガサ入れが今回の逮捕に繋がったようです。

その時には45kgもの硫黄を貯蓄し爆弾や毒ガスを作ろうとしていたり、警察官手帳を偽造したりしていたようです。

本当に新たな犯行が起きる前に逮捕できてよかったですね。

ただ、両親を殺害され残された当時の子供たちはどのような心境なのでしょうか。

岡庭容疑者と小林さん一家には面識がなかったというのに、なぜ命を奪われなくてはいけなかったのでしょうか。

岡庭容疑者に対して大きな憤りを感じると同時に、その残忍さにはとてつもない恐怖を感じます。

岡庭由征(おかにわよしゆき)は整形確定!|顔画像は?

今月7日、2019年9月に起きた茨城県境町一家殺傷事件の容疑者として逮捕された岡庭由征(おかにわよしゆき)の顔画像がこちら!

この男が茨城県境町一家殺傷事件という残忍な事件を起こした岡庭由征です。

どこにでもいるような少しイケメン風の男ですが、中身は人々を恐怖で震撼させるほどのサイコパスです。

普通に街に溶け込んでいればこの男が殺人犯だなんて分かりませんよね。

写真やテレビの報道を見ていても反省なんてしてないような、何とも思ってないような澄ました顔をしています。

2020年11月逮捕時の顔がこちら!明らかな整形?

今回出回った岡庭由征容疑者の顔と、2020年11月逮捕時の顔が別人過ぎると話題になっています。

こちらが2020年11月に逮捕された時の岡庭由征容疑者の顔です。

上の画像を比較していただけますとその違いは一目瞭然でしょう。

明らかに目元をいじっていますよね。

しかし顔の形や髪の毛のクセが残っているせいか、当時の面影も感じられますね。

犯罪者が整形するなんて理由はもう一つしかないですよね。

間違いなく警察の捜査から逃れようとしたのでしょう。

様々な条件が重なって今回逮捕に至ったようですが、あと数年時間が掛かっていたとしたら、雲隠れされていたかもしれません。

岡庭由征(おかにわよしゆき)の過去の犯罪歴|傷害や動物虐待、放火まで

今回「茨城県境町一家殺傷事件」の容疑者として逮捕された岡庭由征ですが、先ほども説明したように迷惑防止条例違反、公記号偽造容疑などで逮捕されていました。

しかし、岡庭容疑者の逮捕歴はそれだけではありません。

過去には信じられないほど数々の凶悪事件を起こしていたことが発覚しています。

岡庭容疑者が幼いころからその兆候が見られていたようです。

幼少期にも限らず、動物を虐待したりバイクに放火をしたりしていたようです。

そして岡庭容疑者が16歳の頃に、それらの対象がヒトへと向かられることになります。

2011年11月(埼玉県三郷市)と12月(千葉県松戸市)に「連続少女通り魔事件」が発生。

2人の少女が見知らぬ男に刃物で襲われるという凶悪な犯罪でした。

それらの事件での目撃情報による警察の職務質問で、刃物を所持していたとして銃刀法違反の疑いで岡庭容疑者が逮捕されます。

その後の調べで上記の「少女連続事件」の犯人であることが発覚し殺人未遂でも逮捕されることになりました。

岡庭容疑者は当時の供述で、「歩いている人を殺そうと思った」「当初は殺害し、首を持ち帰ろうと思った」というサイコパスな本性をさらけ出しています。

以上の事件なども踏まえて岡庭容疑者の犯罪歴をまとめましょう

  • 動物愛護法違反
  • 銃刀法違反
  • 放火罪
  • 殺人未遂
  • 傷害罪
  • 迷惑防止条例違反
  • 公記号偽造容疑
  • 殺人容疑

このような数々の犯罪歴を持つ者が私たちの日常生活に溶け込んでいたんですからね。

恐怖でしかないでしょう。

またこれらのほとんどは岡庭容疑者が未成年の時に起こした犯罪です。

このようなことからも少年法の在り方について問われるのではないでしょうか。

これだけの罪を犯しておきながら、未成年ということで名前は公表されていませんでしたからね。

岡庭由征に改名疑惑!元の名前は岡庭吾義士(おかにわあぎと)?

先に述べた「少女連続通り魔」事件でも名前が報道されなかった岡庭容疑者ですが、数々の証言などにより名前が特定されていたようです。

しかしその事件が起きた2011年(岡庭容疑者が16歳)の頃は「岡庭吾義士(おかにわあぎと)」という名前だったようです。

見たこともないような珍しい名前ですが、それ以上に改名したことが憎たらしいですね。

整形と同じく前科者であることを隠したりする目的でしょう。

本当に恐ろしくサイコパスな男であることが伝わってきますね。

岡庭由征(おかにわよしゆき)の顔画像は?|まとめ

今回の事件から分かるように、私たちの身近に殺人鬼が隠れていてもおかしくないですよね。

改名した挙句整形までしているのですから、指名手配の写真があったとしても分かるはずがありません。

でもとりあえずこのような凶悪犯が逮捕されたことでホッとしている人は多いでしょう。

これから注目されるのは岡庭由征容疑者の判決でしょう。

さすがに無期懲役以上は確定しているのではないでしょうか。

こちらの事件の今後を引き続き追っていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました