スポンサーリンク

【閲覧注意・画像あり】コロナ禍でUMA(未確認生物)が多数出現?狼男や獣人親子、モスマンまで!

狼人間のモザイク画像 エンタメ・トレンド

あなたはUMA(未確認生物)の存在を信じていますか?

中には「そんなもの人間の作り話だ」と断固否定する人も少なくありません。

しかし本当にそうなのでしょうか?

賛否両論あるとは思いますが、世界的なコロナ禍で人々の外出が制限されている現在において、世界各地でUMAの目撃情報が相次いでいるのです。

実際に撮影されたというUMAの画像と共にこの噂に迫っていきましょう。

スポンサーリンク

UMA(未確認生物)とは?

まずはUMA(未確認生物)についてですが、以下のように定義されています。

未確認動物(みかくにんどうぶつ)または未確認生物(みかくにんせいぶつ)とは目撃例や伝聞による情報はあるが、実在が確認されていない生物のことである。日本ではUMA (ユーマ)とも呼ばれるが、これは日本人による造語。英語ではCryptid (クリプティッド)と呼ばれ、これを研究する学問はCryptozoology(隠棲動物学)と呼ばれる。オカルトに分類されることもある。

引用:ウィキペディア

私たちが「未確認飛行物体」のことを「UFO」と呼ぶように、「未確認生物」のことを「UMA」と呼びます。

大きく言いまとめれば宇宙人とも言われる存在でしょう。

しかし、幽霊やお化けとはまた別物になりますので注意しましょう。

また上記の引用文に「UMA」は日本人の造語と書かれていますが、「Unidentified Mysterious Animal」という和製英語の頭文字を取ったものです。

こちらのUMAは昔から世界各地で目撃情報が相次いでおり、その真偽を含めて日本でも度々話題となっています。

最新UMA目撃情報①「獣人親子」in ブラジル

それでは早速、UMAの最新目撃情報を見ていきましょう。

https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2928828/

まずは「獣人親子」として話題となっているUMAです。

こちらはコロナ禍による夜間外出制限中のブラジルで撮影されたものです。

こちらが撮影された地域では「夜間に見たことのない生物が出歩いている」という噂が広まっているようです。

地元の新聞紙で取り上げられるほどのニュースとなったようです。

驚くべきことに二足歩行をしていますが、その腕の長さや毛むくじゃらの身体から人間ではないことが明らかですよね。

また、右側の写真では2~3体の獣人がまるで親子のように手を繋いで歩いているのが分かります。

人間への被害は出てないようですが、我々を震撼させる恐ろしい生物であることには変わりありませんよね。

最新UMA目撃情報②「狼男」in アルゼンチン

https://www.tokyo-sports.co.jp/

続いての目撃情報は「狼男」です。

こちらはアルゼンチンで撮影されたもののようです。

一見子熊のような小型動物に見えますが、こんなに目が鋭い小型動物なんているのでしょうか?

見た目は狼のようには見えませんが、この生物が「狼男」ではないかと言われる理由は泣き声にあるようです。

「ワオーン」という狼の遠吠えのような鳴き声だったそうです。

こちらの画像では全身が明らかになっていませんので、本物はもっと大きな身体を持っているのかもしれません。

その鋭い目つきから、いつ襲ってきてもおかしくないほど怖いですね。

最新UMA目撃情報③「モスマン」 in アメリカ

https://mnsatlas.com/?p=54341

「モスマン」とは通称「蛾人間」とも呼ばれる未確認生物です。

こちらはアメリカのシカゴで撮影された写真のようですが、シカゴでは「モスマン」の目撃情報が他にも相次いでいるようです。

地元空港の管制官からも目撃情報が入ったことからも信憑性は高いかもしれません。

写真を見る限り、蛾と言うよりコウモリ男のようにも見えます。

推定体長2m(羽を広げれば4m)ほどと見られており、コウモリのような羽を持ち、二足歩行もできると言われているようです。

まるでSF映画を見ているような感覚ですが、実際にこんなものを目撃してしまうと足がすくんでしまいそうですね。

本当にSF世界のような未来がやってくるのかと思うとゾッとしてしまいます。

今のところ人類への被害は表立っていませんが、今後どうなるか分かりませんね。

UMA(未確認生物)は本当に存在する?

UFOやUMAは実在するものなのか。

こちらに関しての議論は昔から繰り広げられてますよね。

どちらかと言うと「そんなものいるか!」と嘲笑する人の方が多いかもしれません。

https://www.tokyo-sports.co.jp/column/yamaguchi/3090350/attachment/%e8%bb%8a%e9%81%93%e3%82%92%e6%a8%aa%e5%88%87%e3%81%a3%e3%81%9f%e8%ac%8e%e3%81%ae%e5%b7%a8%e5%a4%a7%e7%94%9f%e7%89%a9/

皆さんはこちらの写真を見てどう思いますか?

今までに見たことないような生物、UMAに見えるのではないでしょうか?

しかしこちらの写真に関しては、アーティストグループが制作したCGであると発覚しているようです。

本当に精度の高いCGですよね。

こういったように注目や話題を集めるために手の込んだ動画や画像を制作して公開する人たちが多いのも事実です。

しかしこれまでに話題となった未確認生物がすべて作り物なのかと言われると、それもまた違うような気もします。

今後もこのような「いる、いない論争」はまだまだ続くでしょう。

【閲覧注意・画像あり】コロナ禍でUMA(未確認生物)が多数出現?|まとめ

未確認生物の画像はまるでホラーかのようなものが多いので、背筋がゾッとした人も多いかもしれません。

もちろん本当に実在するのか真偽は定かではありませんが、筆者はUMAが少なからず存在するのではないかと考えます。

私たちの想像が及ばないほど広大な宇宙ですから、地球外生物がいたとしても何ら不思議ではないと思っているからです。

ただ「宇宙人やUMAなんていない」という考え方も理解できます。

この先、SF映画のような地球侵略のようなものが起こる可能性はゼロとは言い切れないのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました