スポンサーリンク

大麻で逮捕された慶応大学の5人の顔と名前は?公表されない背景にあるのは?

警視庁の表札画像 エンタメ・トレンド

日本でも有数の名門校「慶応大学」と「慶応義塾ニューヨーク学院(高等部)」でまたも不祥事が発覚しました。

大麻取締法違反容疑などで同大学と系列高校に通う少年5人がまとめて逮捕されたようです。

今回大麻で逮捕された5人の顔写真や名前などを中心に詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

慶応大学のその系列校に通う少年5人が大麻で逮捕

アメリカのパトカーの画像

それでは今回の事件の概要から見ていきましょう。

 アメリカから密輸した「大麻リキッド」を所持していたなどとして、慶応大学の学生ら5人が逮捕されていたことが分かりました。

 捜査関係者によりますと、慶応大学の男子学生(19)と慶応義塾ニューヨーク学院の男子生徒(18)ら少年5人は今年2月、自宅などで大麻リキッドを所持していた疑いなどで警視庁に逮捕されました。

 去年の年末ごろに国内に住む別の高校生(18)宛てにアメリカから届いた荷物に大麻リキッドが隠されているのを東京税関の職員が見つけ、関係先を捜索したところ男子学生らの関与が分かったということです。

 ニューヨーク学院の男子生徒2人はコロナの影響でオンライン授業になっていたため一時帰国していました。

引用:テレ朝news

ご覧頂いたように、今回慶応大学とその系列高校に通う少年5人が大麻取締法違反容疑などでまとめて逮捕されました。

税関で発覚したとのことですから、平気で輸入していたんでしょうね。

なかなか肝が据わっているのか、単なるバカと言えるのか分かりませんね。

それにしても慶応大学では過去にも同様の大麻事件や、ミスター慶応生によるレイプ事件などの不祥事が相次いでますが、その辺りの管理はどうなっているのでしょうか?

現状の管理体制に疑問を持たざるを得ないでしょう。

それとももう白旗を振っているんですかね?

止まらない大麻所持者の連鎖

今回逮捕されたのは5人ですが、その5人からすでに別の6人に大麻を渡したことが発覚しています。

もうこうなってしまっては大麻所持者が増え続ける一方かもしれません。

「友達もやってるし大丈夫だろう」といった安易な気持ちで始めてしまう若者も多いのではないでしょうか。

そういった意味でも、既に新たな大麻所持者が増えていたとしても何ら不思議ではないですよね。

慶応大学5人の大麻に対するコメント

それでは、今回大麻取締法違反容疑などで逮捕された慶応大学の5人が述べたコメントを見てみましょう。

慶応学生
慶応学生

「ニューヨークの高校に通っていた16歳の時に大麻を手に入れ、好奇心で使っていた」

慶応学生
慶応学生

ニューヨークのチャイナタウンで売人に声を掛けられ手を出した。悪いことをするのがかっこいいという自分がいた。

慶応学生
慶応学生

「僕は大麻の常習者でリラックスできるので好き」

見るからに安易な気持ちで大麻に手を出してしまったのでしょう。

中には常習犯もいますので、その学生が核になっていた可能性が高そうですね。

ニューヨークで大麻を手に入れたと語っていることからも、慶応義塾ニューヨーク学院の学生が周りに広げたことが濃厚でしょう。

2021年3月よりアメリカでは大麻が合法化されていますので、その影響が強いかもしれません。

現在はコロナ禍で帰国していたようなので、我慢が限界に達したために苦肉の策でアメリカから輸入しようとしたのではないでしょうか。

大麻で逮捕された慶応大学の5人の顔と名前

https://studysapuri.jp/course/entrance-exam/aspire/keio/

今回大麻取締法違反容疑などで逮捕された慶応大学の5人の顔写真や名前などの情報を探してみましたが、残念ながら見つけることができませんでした。

周りの学生たちからリークされているのではないかとも思いましたが、残念ながらそれすらもありませんでした。

顔や名前が公表されていない理由には一体どんなものがあるのでしょうか?

大麻で逮捕された慶応大学の5人の顔と名前が公表されない理由

今回逮捕された慶応大学の5人の顔や名前が公表されていない理由は、ズバリ!未成年だからです。

ごもっともな理由でごめんなさい。

逮捕された5人ともが未成年であることから、情報はすべて非公開となっており、そういった情報が出回らないように法的に守られています。

しかしここ日本では2022年4月より18歳から成人に位置づけられるようになります。

もしも逮捕が1年遅ければ顔や名前が公表されていたことでしょう。

今回顔や名前が公表されなかった慶応大学の5人の少年ですが、まず退学処分は免れないでしょうね。

これからの人生が一気に暗くなってしまいましたね。

慶応大学という超名門に通っていながら、もったいないという一言に尽きるでしょう。

大麻で逮捕された慶応大学の5人に対する世間の反応

それでは今回の慶応大学の学生が起こした不祥事について、世間からどのような反応が出ているか見ていきましょう!

「学歴が良くてもこのザマよ」

「あいかわらず慶応笑笑」

「母ちゃんに迷惑かけんな!」

ご覧頂いたように犯罪を犯した少年5人への批判よりも、圧倒的に慶応大学を批判する反応の方が多いようですね。

慶応大学を鼻で笑っているようなコメントなども見受けられました。

慶応大学のネームバリューはいつまで持つのでしょうかね。

今中学生や高校生のお子様を持つ親御さんにとっては、慶応大学なんて怖くて入学させられないという思いもでてきてしまうでしょう。

それくらい不祥事が相次いでいますからね。

大麻で逮捕された慶応大学の5人の顔と名前|最終考察

このニュースを見た時は「また慶応か」という感想が正直なところです。

中には大麻を合法化しない日本に対しての意見などもありましたが、それは筋違いといったところでしょう。

大麻を合法化すると、さらに危険な薬物に手を出してしまう人も増えそうですからね。

それにしても慶応大学はここ最近ずたぼろですね。

職員の手だけではもうどうすることも出来ないと言える状態かもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました