スポンサーリンク

キンプリ・岩橋玄樹の脱退・退所で再注目の「パニック障害」とは?パニック障害の症状や過去に闘った有名人は?

頭を抱える女性の画像 エンタメ・トレンド

2021年3月29日、人気ジャニーズグループ「King&Prince」の岩橋玄樹さんのグループの脱退と事務所を退所することがジャニーズ事務所より発表されました。

岩橋さんは2018年11月から「パニック障害」を理由にグループ活動をお休みし治療に専念していましたが克服には至らず。

これ以上メンバーやファンを待たすわけにはいかないという理由で退所されたようです。

岩橋さんを苦しめた「パニック障害」とはいったいどんな病気なのか?

過去に「パニック障害」と闘った有名人も見てみましょう。

スポンサーリンク

有名人に相次ぐ「パニック障害」とは?

それではまず「パニック障害」がどういった病気なのか見てみましょう。

「パニック障害」とは?

パニック障害は、特に身体の病気がないのに、突然、動悸、呼吸困難、めまいなどの発作(パニック発作)を繰り返し、そのため発作への不安が増して、外出などが制限される病気です。長引くと仕事などができなくなったり、うつ病になることもあるので、専門医による的確な診断と早期治療が大切です。

引用:ながうしクリニック

パニック障害によって発作が起こると、死んでしまいそうなほど苦しいようです。

検査をしても身体に異常が見られないこと、いつ何が原因で発症するか分からないところがこの病気の恐ろしいところではないでしょうか。

薬物療法など様々な治療でほぼ完全に治すことも可能のようですが、精神疾患である以上、本人の意思や周りの環境などによって治療期間や症状の程度にどうしても差が出てしまうようです。

過去に「パニック障害」と闘った有名人は?

「パニック障害」の恐ろしさについて見て頂きましたが、過去に「パニック障害」と闘った有名人は何人もいるようです。

ここでは「パニック障害」と闘った有名人6人をピックアップしてみました。

星野源

今ではミュージシャンや俳優として活躍されている星野源さん。

星野さんが「パニック障害」を発症したのは学生時代、いじめが原因だったようです。

薬物治療もなかなか上手くいかず、高校生の頃には家から出ることが出来なくなり不登校になったのだとか。

星野さんの場合は音楽によって前向きになれたことで症状が和らいだようです。

堂本剛

続いては「Kinki Kids」のメンバーで、岩橋さんの大先輩でもある堂本剛さん。

15歳の時に単身で上京したことがきっかけで「パニック障害」に見舞われ、10代の頃はとても苦しい思いをしていたようです。

もちろん休む暇もないほどの多忙も原因の一つと言えるでしょう。

「10代の頃の記憶はほとんどない」とも語っており、死にたいと思うほど精神的に追い詰められた時期もあったようです。

中川剛

人気お笑いコンビ「中川家」の兄・中川剛さんも「パニック障害」を経験されています。

剛さんの場合は「中川家」のブレイクによって多忙を極め、休みが全く取れないことでストレスが蓄積しすぎたことなどが原因だったようです。

ひどいときにはツッコミまで真に受けてしまうほど精神が落ち込んでしまい、芸人としては致命的ともいえる状態だったようです。

「パニック障害」を克服するために様々な大変な努力をされたようですが、芸人仲間が「パニック障害」を深刻に捉えずに笑ってくれたのが逆に嬉しかったとも語っています。

IKKO

「どんだけ~」のフレーズで爆発的な人気を誇ったIKKOさん。

IKKOさんが「パニック障害」を発症したきっかけもブレイクによる多忙かと思いきや、発症はテレビで活躍する以前だったようです。

IKKOさんは症状として電話に出るのが恐くなったり、飛行機や新幹線などの閉ざされた空間への不安に特に苦しんだようです。

一世を風靡した「どんだけ~」の指を揺らす仕草は、「パニック障害」による手の震えから生まれたとも言われています。

長嶋一茂

元プロ野球選手でバラエティ番組でも活躍されている長嶋一茂さん。

30歳の時に何の前触れもなく突然「パニック障害」に襲われたようです。

それもちょうど神宮の花火大会に行っていた最中だったとのことなので、きっかけは人混みによる閉塞感や恐怖などかもしれません。

一茂さんは明るく楽観的な性格に見えますが、闘病生活は約10年にも及んだそうです。

佐藤聖羅

元SKE48でアイドルとして活躍された佐藤聖羅さん。

佐藤さんはアイドル現役時代に「パニック障害」を発症したようです。

医者の診断を受けたものの原因やきっかけが何なのかは判明しなかったようです。

公演中に動悸や眩暈の症状に襲われ裏に戻ることも度々あり、またこの症状が出たらどうしようという不安も生まれ負の連鎖に。

現在症状は安定しているようで、「パニック障害」の経験者としてテレビやブログなどで、同じ病で苦しむ人やその周りの人に向けて情報を発信されています。

日本人だけじゃない!世界的なあの女優も…

もちろん「パニック障害」は日本人だけの病気ではありません。

海外にも目を向けてみると、さらに多くの有名人が「パニック障害」に苦しめられた経験を持っています。

引用:Amazon.co.jp

『ラ・ラ・ランド』や『アメイジング・スパイダーマン』などに出演された名女優エマ・ストーンさんや、『ウェイバリー通りのウィザードたち』のアレックス・ルッソ役で、全米で絶大な人気を誇った女優・歌手であるセレーナ・ゴメスさんなどが挙げられます。

有名になればなるほど計り知れないほどの不安やプレッシャーにさらされるでしょうから、いつ「パニック障害」に襲われてもおかしくない状況で闘っている有名人も多いでしょう。

「パニック障害の症状や過去に闘った有名人」まとめ

パニック障害は、いつ、どんなことがきっかけで発症するか分からない為、決して他人事ではありません。

あなた自身に、あるいはあなたの周りの人にも発症する可能性はあります。

非常に恐ろしい病気ではあると思いますが、早期に医者の診断を受け適切な治療を続ければ完治する病気でもあるようです。

また、もしあなたの周りの人が「パニック障害」だった場合、うつ病などと同じで「頑張れ」「あなたならできる」などの励ましの言葉は逆効果であることが多いようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました