スポンサーリンク

【Dリーグ】フルキャストレイザーズの魅力とは?メンバーやダンス動画をご紹介!

エンタメ・トレンド

現在開催中のDリーグにおいて、どのチームよりも男臭く、超攻撃的なパフォーマンスを見せてくれているのがフルキャストレイザーズでしょう。

あなたも彼らのパフォーマンスに心打たれたオーディエンスの一人ではないでしょうか?

この記事ではフルキャストレイザーズのメンバー解説やダンス動画を交えながら、フルキャストレイザーズの魅力に迫っていきます。

スポンサーリンク

フルキャストレイザーズとは

出典:D.LEAGUE

フルキャストレイザーズ(以下レイザーズ)は、株式会社フルキャストホールディングスが結成したプロダンスチームです。

レイザーズは男性のみで結成されたチームで、特徴は何といってもド迫力の「KRUMP」ダンスといえるでしょう(ブレイクダンスも織り交ぜてますが)。

彼らの力強いルックスやパフォーマンスから「肉体派戦闘集団」とも。

KRUMPダンスが生まれた経緯が深い!

レイザーズのメインジャンルはKRUMPです。

KRUMPが生まれた経緯がとても深いのでご紹介します!

KRUMPの発祥地はアメリカのサウスセントラルです。

当時のサウスセントラルは犯罪発生率が非常に高く、情勢が不安定でした。

その影響もあり、ドラッグなどの犯罪に手を染めてしまう若者が後を絶ちませんでした。

そんな中、TOMMY THE CLOWNがピエロの格好をして人前でダンスを披露して回ります。

サウスセントラルにはダンス文化がほとんどなかったので、TOMMY THE CLOWNのダンスに衝撃を受けた若者たちが、続々と踊り始めたのです。

「日常生活で溜め込んだストレスや鬱憤を晴らすために罪を犯すのではなく、すべてダンスにぶつけよう」というTOMMY THE CLOWNの教えもあり、自分の感情表現やスキルを見せ合うバトルが日常の光景となりました。

マフィアやギャングになる道しかなかった若者たちに、「TOMMY THE CLOWNみたいになりたい」「ダンスで有名になりたい」などの夢持つ者が増え、驚くべきことに犯罪発生率も大きく減少しました。

当初はCLOWN(ピエロの意味)ダンスとも呼ばれてましたが、TOMMY THE CLOWNの弟子であったTight Eyezが改良を加え、KRUMPというダンスがここに誕生します。

誕生当初は、現実への不満や葛藤を爆発させるということで超攻撃的なダンスでしたが、時代の流れと共に進化していき、今ではさまざまな感情を表現したり、その中に他ジャンルの要素を取り入れたりと、自由であるからこその究極の自己表現といえるダンスとなりました。

どのチームにも負けない絆がここに

話は少し逸れてしまいましたが、ここからレイザーズについて詳しく解説していきます。

まずレイザーズの強みの一つが、どのチームにも負けない「絆」と言えるでしょう。

というのも、レイザーズのメンバーは「Twiggz Fam」や「STREET KINGDOM JAPAN」に所属するメンバーを中心に構成されています。

「Fam」ということもあり、ほぼ毎日集まっては踊り明かし、お互いのスキルを高め合ったり、新たなトリックを研究したりしているのではないでしょうか。

まさに家族のように集っているため、メンバー個々の特徴や魅力をメンバー全員が熟知していると言えそうですね。

また、「STREET KINGDOM JAPAN」というクルーネームで大小さまざまなコンテストに出場され、汗や涙、喜びや感動などの苦楽を共にしてきてますので、一朝一夕では築くことができない非常に強固な絆で結ばれているチームと言えるでしょう。

ディレクターのJUNはまさに『レジェンド』

続いてレイザーズのディレクターであるJUNさんの紹介です。

JUNさんは日本のダンス界を牽引する超大物ダンサーの一人です。

その中でもKRUMP界においてはまさにレジェンドといっても過言ではありません。

というのも、JUNさんはKRUMPダンスを本場で学び、それを日本へと持ち込み普及させた第一人者なのです。

そしてなんと、KRUMPの創始者であるTight Eyezに実力や人間性を認められたダンサーでもあります。

Tight Eyez本人から「Twiggz aka Young Style Ripper」という名を授かったことがその証拠といえるでしょう。

帰国後は「Twiggz Fam」という家族のようなパフォーマンス集団を作り、その仲間たちと共にKRUMPをどんどん進化させています。

また、「Twiggz Fam」で数々のコンテストに出場しては上位入賞などの好成績を残し続けています。

日本最高峰のダンスコンテスト「JAPAN DANCE DELIGHT Vol24(2017年)」では見事優勝を果たし、日本一の称号を獲得しました。

その時のパフォーマンスがこちら!

Twiggz Fam_WINNER_JAPAN DANCE DELIGHT VOL.24 FINAL_2017.8.26

本当に圧巻ですよね。

JUNさん本人のダンススキルはもちろんすごいですが、圧倒的にバトル向けなダンスであるKRUMPをショーとして表現するのはさらにすごいことで、まさに離れ業だと言えるでしょう。

JUNが作った「Twiggz Fam」とは?

「Twiggz Fam」は、その名の通り家族のようなKRUMP Famで、26人の大集団です。

Famのメンバーは全員「Twiggz」の名を受け継いでおり、言わばこれは苗字のようなものといえるでしょう。

EXILEや三代目J Soul Brothers、GENERATIONSなど多くのアーティストを輩出していることからも、物凄い集団であることは間違いないでしょう。

三代目J Soul Brothersの岩田剛典さん(Boi Twiggz)、NAOKIさん(Jr Twiggz)、GENERATIONSの佐野玲於さん(Lil Twiggz)、関口メンディーさん(Monsta Twiggz)が「Twiggz Fam」の一員であり、「Twiggz」という名を受け継いでいます。

フルキャストレイザーズのメンバー紹介

それではレイザーズの所属メンバーを紹介します。

それぞれどのような経歴を持っているのでしょうか。順番に見ていきましょう!

メンバーによって情報量に差がありますがご了承ください。

Soulja Twiggz

満27歳。

レイザーズのリーダーでもあるSoulja Twiggzさん。

KRUMP界でも一目置かれたダンサーの一人で、手足の長さを最大限に生かしたダイナミックなパフォーマンスが特徴であるダンサーです。

Twiggz Famが「JAPAN DANCE DELIGHT Vol24」で優勝し、日本一を獲った時のメンバーの一人です。

個人でもアーティストのバックダンサーや、数々のバトルで優勝した経歴を持っています。

KTR

満30歳。

KTRさんのKRUMPは世界的にも一目置かれており、そのパッションやスキルはメンバー内でもトップクラスと言えそうです。

「龍雅-Ryoga-」というダンス&ボーカルユニットのメンバーとしても活躍していました(2017年に活動休止)。

2013年のDANCE@LIVE JAPAN FINAL HIPHOP SIDEという日本大会で準優勝。

愛媛県出身のダンサーで、ダンサーだけでなくモデルや舞台役者としてマルチに活躍されています。

Baby Twiggz

満27歳。

2014年のKRUMPの猛者が集う、KRUMP最大級のバトルイベント「KING OF BUCK 5」で見事優勝を果たしています。

その他にも数々のバトルやコンテストで好成績を残しています。

Kid Twiggz

満25歳。

Kid Twiggzさんはキャップやシューズを使ったトリックが魅力的なダンサーです。

Twiggz Famが「JAPAN DANCE DELIGHT Vol24」で優勝し、日本一を獲った時のメンバーの一人です。

福井県出身のダンサーで、その他にも数々の受賞歴を持っています。

Tiny Twiggz

満22歳。

165cmとチームの中では小柄ながらも、それを生かした軽やかなムーブと、大きくも見えるダイナミックなKRUMPが特徴的です。

埼玉県出身のダンサーで、KRUMPだけでなくLOCKやBREAKも踊ることができるマルチダンサーです。

Killa Twiggz

満21歳。

Killa Twiggzさんは日本とナイジェリアのハーフで、神奈川県出身ダンサー。

日本人離れの体格と身体能力を生かした迫力あるKRUMPが特徴的なダンサーです。

Infinity Twiggz

満26歳。

柔らかい身体を生かした変幻自在のムーブが特徴的なダンサーです。

変幻自在であるにもかかわらず、どのムーブもクリーンに踊るところに高いセンスを感じますね。

ILL Twiggz

満17歳でチーム最年少ダンサー。

株式会社LDH JAPANが経営するダンススタジオ「EXPG」のダンサーでもあります。

世界大会で初の二連覇という快挙を成し遂げたこともあり、若いながらも確かな実績と経験の持ち主であるといえます。

次世代のKRUMP界を担うであろう若手ダンサーの一人。

REO

満25歳。

KRUMPだけでなくBREAKも得意とするダンサーで、Dリーグのパフォーマンスでも存分に披露しています。

また、ダンサーだけでなく役者として舞台や映画でも活躍されています。

イケメン俳優の登竜門である「ジュノンボーイコンテスト」での受賞歴を持っており、その端正なルックスも注目を浴びています。

NAO

満23歳。

REOさんと同じくKRUMPとBREAKをハイレベルで踊りこなすダンサーです。

トリッキング(バク宙などのアクロバットに、ダンスや武術、体操などの要素を取り入れたエクストリームスポーツ)も得意としていることから、身体能力は相当高いといえるでしょう。


まだ顔と名前が一致しない方はこの動画を参考にしてみてください!

FULLCAST RAISERZ PV Part.1|FR START|PV撮影の密着映像と裏側も公開!

フルキャストレイザーズの魅力とは?

フルキャストレイザーズの一番の魅力は、感情表現の豊かさでしょう。

アツすぎる魂のこもったパフォーマンスには心打たれること間違いないでしょう!

他のチームに比べてグルーブや繊細さなどは少し劣るかもしれませんが、それを補っても余りあるパッションがレイザーズにはあります。

ダンスの上手さももちろん重要ですが、一番大事なのはオーディエンスの心を動かすことができるかどうかだと思うので、彼らの武器は他チームにとって大きな脅威となるでしょう。

【D.LEAGUE】SHOW 3・FULLCAST RAISERZ / 第一生命 D.LEAGUE 20-21 ROUND.5

DリーグのROUND5では惜しくも2位でした。

まだ1位を獲れてはいないですが、どのROUNDでもコンスタントに上位に食い込んでいるので、ROUND5終了時点での総合順位は3位につけているので、チャンピオンシップ出場圏内をキープしています。

これからも熱い戦いが繰り広げられるDリーグにおいて、フルキャストレイザーズの動向にも注目して見ていきましょう!

コメント

  1. […] 【Dリーグ】フルキャストレイザーズの魅力とは?メンバーやダンス動画を… エンタメ・トレンド スポンサーリンク シェアする Twitter Facebook はてブ Pocket LINE コピー ownerをフォローする owner NEWS.ME […]

タイトルとURLをコピーしました