スポンサーリンク

【2021年最新】TiKTokは副業になる?TikTokで収益化を考える前に必見のTikToker収入フローを徹底解説

エンタメ・トレンド

2021年現在、最もユーザー数が伸びて成長しているSNSプラットフォームと言えばTikTok

YouTubeの成長に伴い副業として収益化を目指す「YouTuber」という存在が注目されたくさんの人が参画する市場となっていますが、TikTokでもフォロワーやファンを集めれば収入を得ることは可能なのでしょうか?

本記事では「TikTokは副業になる?」というテーマで、TikTokで収益化を考える前に必見のTikToker収入フローを解説していきます。

スポンサーリンク

【2021年最新】TikTokで収入を得ることはできるの?

まず、この記事を見ている方が気になっているのは「TikTokで収入を得ることはできるのか?」というポイントでは無いでしょうか?

こちらは結論から言うとYesでもNoでもあります。

一体どういうことなのか詳細を見ていきましょう。

TikTok単体での収益化は不可能

YouTuberが急増した理由として、YouTube動画が再生されるにつれて従量課金の収入となる「Adsence」という収入基盤がありますが、2021年現在のTikTokでは再生回数やフォロワーに寄って従量課金される広告収入システムは搭載されていません。

つまり、TikTok単体での収益化は不可能という結論になります。

しかしTikTokerに広告出稿する広告主は豊富!

しかしTikTokerが全く収入を得られないかと言うとそうではありません。TikTokは今や月間1,000万を超すユーザーを超える大規模プラットフォームですので、そこで影響力を持つTikTokerに広告出稿をしたいと考える広告主も多いのが現状。

この点を見ると、YouTuberのような収益フローでなく、Instagramerのような収益フローで副業化する方が現実的であると言えます。

TikTok単体での収益化は秒読み!副業TikTokerも十分可能

TikTokでは海外の開発で既に投げ銭機能や広告収益機能が一部開放されているとのこと。

その証拠に国内のTikTokアプリでは「ポケット」という機能が実装されていたり、「イベントの報酬」「収益の残高」「取引」「引き出し」というキーワードを確認することができます。

また、YouTube同様ライブ配信機能なども拡充されているので投げ銭機能での収益化ができることになることもほぼ間違い無いでしょう。

将来的にTikTokが収入化できるプラットフォームになる可能性は十分あり得る

しかし、TikTokというプラットフォームは日々進化を続けていますので将来的にYouTubeで言うAdsenceのようなシステムが日本国内で搭載される可能性も十分あり得ます。

むしろかなり高確率であるとWeb業界や広告業界で働く方は予想しているようです。

そうなった時にいち早く収益を稼ぎ、副業だけでなく本業にまで昇華できるのは収益化できる時点で多数のフォロワーを抱えているTikTokerとなります。

そういった意味で、直近はInstagramer型でTikTok運用の収益を得て、来るYouTuber型の収益解禁の際に備えてどんどんフォロワーを増やすという動きは有用だと考えられています。

TikTokerの収入はどれくらい?

それでは具体的にTikTokerの収益はどれくらいになるのでしょうか?

結論から言うとフォロワー数等のアカウント規模に依存するというのが回答になります。

しかし、重要なものとしてTikTokアカウントが人気を集めた理由となる「ジャンル」が大きな要素になることは間違いありません。

TikTokに投稿するジャンルが重要!

TikTokに投稿するジャンルが重要な理由として、価値の無い閲覧やフォロワーは収益化に対して無意味となる為です。

流し見そうや転載アカウントはいくらフォロワーが多くても広告主が出稿したい対象にはなりません。

どんなユーザーがフォロワーに多いのか、TikToker自身がどのようなタレント性を持っているか等、ジャンルに特化した特長を持つことで収益化に大きく関わってきます。

【2021年最新】副業TikTokまとめ

本記事では「TikTokは副業になる?」というテーマで、TikTokで収益化を考える前に必見のTikToker収入フローを解説しました。

TikTokにまつわる収益化状況は日々変動していますので最新情報が更新されれば随時こちらにまとめていきます!

人気TikTokerのプロフィールはこちらもチェック!

コメント

タイトルとURLをコピーしました