スポンサーリンク

オリエンタルラジオが吉本退所!オリラジの退社理由と吉本重鎮・松本人志との不仲説を徹底解説

エンタメ・トレンド

2020年末に大人気コンビ、オリエンタルラジオのが所属事務所の吉本興業を退社するという衝撃のニュースが飛び込んできました。

直近は中田敦彦さん、藤森慎吾さん共にYouTubeでの活躍が目立っていますが、オリエンタルラジオの吉本興業退所の理由や真相はどのようなものなのでしょうか?

陰でささやかれる吉本の重鎮、ダウンタウンの松本人志さんとの不仲・喧嘩説についても触れていきます。

スポンサーリンク

オリラジの吉本興業退所理由は?

オリエンタルラジオの吉本興業退所の理由として最も大きいのは中田敦彦さん、藤森慎吾さん共にYouTubeでの活躍が目立っていることが関係しています。

YouTube収益におけるギャラの配分で事務所と揉めたという点が最も大きな退所理由となったようです。

藤森慎吾さんが会見で語った内容によると、当初コンビ間での連絡は取り合っておらず、中田敦彦さんが退社する決定をしたことを、会社側からの連絡で知ったとのこと。

会見で藤森さんは「あっちゃんといたら楽しそうだなと思って退社を決意しました」と話していますおり、中田さんへの信頼と愛を深く感じる内容になっています。
週刊誌によると、「コンビとしての世間への見え方を考えた結果、独立することを決めたよう。自分だけ吉本に残って、中田に迷惑をかけるのは避けたいと話していた」とのことです。藤森さんは事務所から残ってほしいと言われていたそうですが、半月間悩んだ結果、中田さんとともに退社することを選んだようです。
二人は過去に、ラジオの生放送でつかみ合いの喧嘩をしたこともあり、それはいまだに先輩芸人からいじられることもあるようですが、長い年月の中でお互いを尊敬する気持ちが芽生えて関係はよくなったとYouTubeの中でも話していました。

オリラジと松本人志の喧嘩、不仲説は本当なの?

オリエンタルラジオの吉本興業退所の理由として噂されているのが吉本の重鎮である、ダウンタウン松本人志さんとの不仲説です。

画像出典:マイナビニュース

実は2017年に、オリエンタルラジオは松本人志さんへの謝罪を会社から要求されつつも謝罪をしなかったというもめ事を起こしています。2017年2月に茂木健一郎さんが「社会風刺を芸に昇華させることができない日本のお笑い芸人は、国際的な基準と照らし合わせるとあまりにレベルが低く、オワコンである」と発言したことに対して、お笑い芸人たちからの猛反発を受けていました。

その中で、松本人志さんがメインを務める「ワイドなショー」に茂木さんが呼ばれ、なぜか松本人志さんに謝罪するという展開になりました。これに対して中田敦彦さんは「茂木さんの発言を支持し、大御所=松本人志さんに対して物申す形でのブログを投稿していました。このことに所属事務所の吉本興業は激怒し、松本さんに謝罪するよう言われていたそうなのです。というのも、吉本興業の社長、副社長はダウンタウンとともに会社を大きくして来たこともあり、常に松本人志さんの意見を最優先している関係にあるというのですから納得です。

結果的に中田さんが謝ることはなく、この後テレビから徐々に姿を消していくことになりました。

オリラジのメイン活動はYouTubeへ移行!

画像出典:日刊現代DIGITAL

オリエンタルラジオの二人は吉本を退所するからといって芸能活動を辞めるという訳ではありません。

松本人志と揉めたというトラブルはありつつも、オリエンタルラジオのお二人は円満退社であることを強調しています。業界の圧力に屈しない姿勢の表現なのかもしれませんね。お二人はフリーとなりますが、オリエンタルラジオとしての活動や、RADIO FISHは継続していくそうです。中田敦彦さんはYouTubeの中で宮迫博之さんとの番組を始め、初回の放送には手越祐也さんを読んで大成功となりました。二回目のゲストはキングコングの西野さんだそうで、いずれもテレビの世界であまり見かけなくなった人たちです。テレビに負けないコンテンツを作って、新しい形を生み出していく活動はどんどん進んでいきそうです。またご自身のYouTubeチャンネル「中田敦彦のYouTubeチャンネル」では様々なジャンルのテーマをわかりやすく解説し、チャンネル登録者数は300万人を突破しています。一方藤森慎吾さんはバラエティだけでなくドラマなどへも出演するなど、幅広く活動されていますね。YouTubeでは飾らない姿でいろんな芸能人を呼んでのトークや、得意のゴルフ動画などで人気を集めています。テレビから主戦場を移したYouTubeの中でも更なる活動も視野に入れているそうで、今後のお二人の活動に注目ですね。

中田敦彦

藤森慎吾

コメント

タイトルとURLをコピーしました